借金返済計画・借金返済方法

必要なお金だけど返さないとね

お金の存在とそこに関わっている自分の気持ち

今すぐお金が必要

お金は既に多くの人や社会の変化に影響を与えていると思います。

私はお金の存在を大きく感じていて常に悩みや葛藤を感じています。

これらは生活をするために重要なもので人間の社会の基本だと思っています。

だからお金がないと人間としては普通の生活が機能しないという訳です。

実際にお金がなくて生活が難しいと色々なものを捨てることになります。

だから多少はお金に対する恐怖や不安のような感情が自分にあります。

できるなら多くのお金を獲得して平和に暮らしたいのが一般ユーザーの気持ちです。

そうなるためには運や仕事のスキルも必要なので難易度が高いと思います。

しかし可能なことには挑戦するべきなので自分も頑張る勇気を持っています。

お金がなければこういった感情も抱かないので私はその存在に感謝しています。

つまり私がお金に対して思うのはこれが人間の原動力だということです。

仕事でもお金を貰えるので頑張ってどんな課題でもクリアしようと動きます。

そして給料としてお金を貰って自由に使って楽しめるのです。

お金とは悩みでもありますが人間が楽しむために必要なものです。

だから私はその存在を否定しないで積極的に受け入れています。

もちろんこれらを使うと減るので慎重に貯めることも考えます。

一般ユーザーはお金に対して自分と似たような気持ちを持っていると予想します。

つまりお金が人間の社会を作っていて色々な取引の材料だということです。

商品を買うのも取引の一つでお金があることで成立していると思います。

自己実現のためなら借り入れも悪くない

目先の利益のために消費者金融から借り入れをするのは、好ましくないことであると考えています。何でもかんでもお金がほしいことだけを理由に借金をすると、いづれ歯止めが効かなくなってしまうからです。その一方で、自己実現のために使うお金が不足している場合は、キャッシングでお金を借りるのは健全な行為であると思います。

美味しいものを食べ続けたいと願う人が存在したとします。その人は美味な食材や料理を追い求めることになるので、当然のことながら多くのお金が必要になります。ところが、ごく一部の人を除けば湯水のごとくお金が湧いてくるわけではありません。お金が足りなくなった時点で我慢できれば良いのですが、自身の心の弱さのせいでキャッシングに手を出してしまうと際限なく美味しいものを食べ続けるようになることが考えられます。最初は1万円程度だった借入額も、食材の産地や付加価値に目を奪われていき最終的には数百万円の借金を背負うことにもなりかねません。このような場合は、手元に残るものは一つもなく借金の返済に苦しみながら生活することになります。ですから、直近で楽しい気分になれることを目的にキャッシングでお金を借りることは良くないことであると思います。

自己啓発セミナーへの参加や、各種資格試験の教材費などのために借金をすることによって、一生ものの財産を得ることに繋がるのです。そのためなら、年収の3分の1までは借り入れようと考えています。

家族にバレずにお金を借りる~こちらのカードローンならできます

主婦だからローン、というのはあまり関係ないかもしれません。

主婦云々というより、家計をどちらが握っているか、ということではないでしょうか。

我が家の場合、家計は私が管理しています。夫にはおこずかいを渡し、支払うものは支払い、貯めるものは貯めて、残った分で生活します。

使えるお金があとどのくらいかを把握しているのは自分なので、買い物の時に色々考えてしまうことはありますね。衣料品なども家族の分を優先したり、美容室も自分は来月にしよう、とかいうことは多々ありますが、不自由とまでは思いません。

独身でお給料を全部自分で使える人や、夫婦共働きの人は、専業主婦よりは自由に使えるお金が多いでしょうから、そういう意味では専業主婦の自由度は低くなるかもしれません。

でも、おこずかい制の夫とは違い、家計を預かっていると自分の裁量でお金を使えるんです。自分が決定権を持っているので、その額が非常に小さいという場合を除いて、不自由さはあまり感じないと思います。

お金をやりくりする、というのは自分で自由にできるということなので、不自由さはさほど感じないんです。なので主婦だからローンを借りないということはありません。

同じ女性でも立場によってお金の自由さは変わる

女性であることによってお金の不自由さを感じることはあまりありませんが、同じ女性でも立場によって自由さは変わってくると感じることは多々あります。

働いている独身の女性や、主婦でもフルタイム働いている人はある程度の収入もあり、自由になるお金の金額も専業主婦に比べると高いと思います。

特に専業主婦だと旦那様から貰う給料の中からやりくりしなくてはならないので、自分が自由に使えるお金もかなり限られてきます。

お金持ちの方なら自由になる金額は多いとは思いますが一般的には少ないですよね。お金を借りて自由になるのはちょっと違うと思いますし・・・お金どこで借りるか迷ったらコチラのローンがおススメ!

同じ主婦でも先ほど書いたフルタイムで働いている人もいればパートの方もいらっしゃるので、そのあたりでも自由に使える金額の差はあるでしょう。

となるとやはり専業主婦のお金の自由度は低いと思います。

女性であることによってお金で得することは、例えば映画館などのレディースディであったり、女性限定サービスなどで通常の料金より安く利用できるのでお得に感じます。

ギャンブルのため以外だったらお金を借りるのは全く問題ない

ある目的のためにお金を借りるのは、誰しもあることです。
が、ギャンブルのためにお金を借りるのは問題がありますね。
自分の小遣いの範囲でギャンブルをするのは、個人の趣味の領域ですが、お金を借りてまでギャンブルをしてしまうのは、趣味ではなく依存症の可能性があります。
急な入院やリストラなど、収入の道を突然断たれてしまうこともあるでしょう。
お金を借りるにしても、誰から借りるかが問題ですね。
銀行でお金を借りるにしても、消費者金融などから借りるには、利息の問題があります。
友人や知人から借りるにしても、その後の人間関係に影響しないかも心配です。
そもそも、お金を貸してくれるような友人・知人がいない人にとっては、金融機関から借りるしか方法がありません。
金融機関にしても、利率はなるべく低いほうがいい。
ただ、利率が低い商品であれば、融資の審査はそれなりに厳しいものになるでしょうし、担保や保証人も要求されるかもしれません。
友人もおらず、担保や保証人も用意出来ない人がお金を借りるには、少々金利が高くても消費者金融を選択せざるを得ないのでしょうね。

お金ピンチ時の解決法

今までの人生でお金に困ったことは数えきれないほどあります。給料日まであと3日もあるのに、財布には1000円しかない時はザラでした。今すぐお金が必要な状態です。

支払いが特にない時は、とにかく食費をなんとか浮かせればいいので、安いパスタや乾燥うどんなど買ってきて、卵などを具材にし、飢えをしのぎました。

また、急遽、飲み会など、まとまった金額が必要な時は、CDやマンガなどを売って、数千円GETしました。チリも積もればなんとかで、意外と家にあるものをかき集めれば、大きな金額になるので、困ったときはおすすめです。

さらに、支払日が近いのに全然お金が足りない場合は、やってはいけないことですが、人気のゲーム機をカードで買い、ゲオあたりで売りにいくと、8割近くで売れるので、ショッピング枠が残っている人には、最終手段としておすすめします。

そして、できればしたくないけれど、かなりの大きな金額が必要な場合は、どこかからお金を借りるのも手です。私は地元の信用組合でまとまったお金を借りたことがあります。ちょこちょこ借りるよりも、1箇所でまとめてしまうのも一つの手です。

支払日も1つのみ、金額も複数をちょこまか払うよりも、トータル的には安くすむので、苦しくなることもなかったです。

しかし、家族にはバレたくなかったので、支払いは絶対に延滞することはなかったです。

なるべくは、親などに頭を下げるなり借りて、利子などをつけないようにすることが、借金を大きくしないポイントかもしれません。

お金で困ったときのいろいろなお話について

今日はお金で困った時のお話をしていきたいと思います。
自分は正直なところ常にお金に困っています。
それは必要以上にお金が飛んでいくのが大きな原因かとは思っております。
ですので、お金もいっぱい必要でした。
そのお金をどこで作ればいいのか悩むことが多かったです。それは今もそうだったりします。
とにかく収入を増やそうってことを常に考えるようにして、いろいろな仕事をしようと考えました。
今はほんの少しですが収入も増やせるようにはなってますが、まだまだ安定した生活はできていません。
1か月でいくら稼げるかをまず考えるようにして、そこからどういう仕事をしようか悩んでいます。
一番の理想は普段の月収入の2倍稼げればいいかなと思っております。
変な話いろいろな勧誘をされますが、いろいろ話は聞きますが、デメリットが大きすぎると思っております。
リスクを負うならノーマネーで負うべきかと思います。
いわゆるゼロからのスタートです。自分はそれです。